關於立德




會社紹介

立徳電子は低周波トランスと薄膜コンデンサの生産から開始し、ほどなくしてコンデンサの生産は終了しましたが、今でもトランスの製造は続けています。

経営の成功、継続的成長

初期は次々にRCA、APC、Philips 及び Motorolaなどの顧客の製品サプライヤーとなり、その後、立徳電子はリニア変圧器の世界的リーダーとしての地位を確立しました。 當時、製作していた電源供給器は必要とするパーツが少なく、単価が最も高い変圧器でした。立徳電子は一貫作業による製造を採用し、原料購入から変圧器の製造までを完全に整合し、さらには未精錬銅やケイ素鋼取引きの仲介ブローカーの役割までを同時に擔っていました。主に考慮したのは、コアの大きさと線材の線徑の標準化達成で、そこで調達の価格交渉力を効果的に発揮することができました。90年代中期に、生産ラインに高速巻線器と全自動化注入設備プロセスを配置すると、立徳電子はまさに世界の中でも先駆者的な存在となりました。この行為は、當時は非常に珍しいことだったのです。


1999年交換式電源のサプライヤーとなる

當時の他のライバルと比較すると、立徳電子が交換式電源供給器のサプライヤーとなった時期は早いとは言えません。以前のリニア電源供給器と比べても、交換式電源供給器には非常に大きい違いがあり、比較的たくさんのパーツを使用するうえ、小さくてセンシティブなパーツがさらに増えました。そのため、立徳電子は生産の大幅な調整変更を行い、かつては作業員がたった10人のホコリとペンキの異臭で汚れた労働環境から、それぞれの生産ラインに50人近い作業員がいる明るく清潔な労働環境での作業に転換したのです。

2015年末、五大製品ラインを確立し、會社を新紀元へと導く

五大製品ラインを確立することで、企業を將來の成長路線へと導きました。五大製品ラインとは、ローワット電源、ハイパワー電源、工業用電源の要となるマグネティツクス、OEM製品の製造サービス、照明です。「小さく美しい」を市場に浸透させることを集中的に強化し、お客様の各方面のニーズを満足させました。企業の経営目標を達成する以外に、立徳のコアバリューは、提供する電源製品に革新、環境保護?省エネ、常備を奨勵する特質を持たせることです。米國エネルギー省の規範要求に適合するだけでなく、さらに環境保護?省エネ推進の一員となって努力を続けます。

四大業務區を確立

立徳電子は2015年末から世界中に、四大エンジニアリング業務グループを確立し、地域ごとに管理することで、お客様により全面的なサービスを提供しています。四大地域:臺灣、中國、日本、世界のその他の地域海外overseas。お客様がどこにいても、立徳の業務グループが効果的な支援サービスを提供します。お客様に満足していただくことこそが、私どもの主要目標なのです。

企業50周年へ邁進

立徳電子は企業目標を持ち、革新への熱意を持続させて、製品概念を日常の生活體験の中に根付かせ開拓していきたいと願っています。お客様の「最良のパートナー」になりたいと願うのは、立徳が製品を供給しているだけではないからです。システム全體のデザイン思考を発展させ、サービスすることで、お客様に最も適切な電源ソリューションを提供し、問題解決に協力し、目標を達成しなければならないのです。

核心價值

革新を提供し、人を奮起させ、環境をやさしく保護し、活力のエネルギーを提供する電気エネルギー製品のサプライヤーになります。

里程碑

1970
3月會社設立
2002
ULとTUVに適合する実験室を設置
自己認証試験室
臺灣証券取引所に株式公開
2008
Sony “SPP”サプライヤーとAPC、CISCO、D-Link、Harman、LG、Motorola、Netgear、Panasonic、Rockwell、TCL、Yamahaなどの優先サプライヤー、優良サプライヤーの栄譽を獲得
2011
臺北の新本社ビルで業務開始
中國華東の新工場落成
2012
9月フィリピンに新工場エリアを設立し運営開始
2017
USB-IF協會に加入
USB PD製品が初めて認証テストに合格
L共振技術のLLC製品を発表
電動車分野に進出
超频视频在线免费小说,超频在线观免费视频,97超频视频在线观看 免费,手机在线亚洲人成视频 日本东京道一本热码_